親族以外の人に財産を譲る

 相続人になれるのは、配偶者、子供、孫、親、

祖父母、兄弟、甥姪等に限られています。

ですから、生前に何の準備もしていない場合、

これらの人以外に遺産を譲ることはできません。

具体的には、離婚した元配偶者、従兄弟、嫁婿、

友人、お世話になった人等は相続人にはなれません。

このような相続人でない人に遺産を譲りたい場合、

遺言書で指定した財産を遺贈する方法があります。

 友人やお世話になった人等に遺贈する場合、

譲る財産、氏名、住所等を明確に遺言書に記載して

おかないと、個人、財産の特定が困難となり、

話がこじれますので、注意してください。

また、この遺贈は遺産を譲り受ける人の承諾や

同意は必要ありません。

ただし、遺産を譲り受ける人には、遺産を放棄する

権利があります。

ですから、遺言書で財産を譲る旨、本人に確認して

おくことをお勧めいたします。

本来であれば遺産をもらえる相続人が居る場合、

自分がもらえる遺産が減れば、相続人による

遺言書の隠匿、改ざんなども起こる可能性が

ありますので、尚更のこと遺産を譲る人に

内容を知らせておくのが良いでしょう。

事情によって、遺贈を生前に知らせたくない場合は、

信頼できる人や、我々行政書士等の専門家に

遺言書を保管してもらう方法もあります。

また、相続人が居ない場合、遺言書が無ければ

遺産は国庫に入りますので、相続人以外の人に

財産を譲りたいのであれば、遺言書は

不可欠となります。

 

 その他に、相続人以外に遺産を譲る方法としては、

養子縁組という方法もあります。

相続人が居ない場合は、養子縁組に反対する人は

いませんが、相続人がいる場合は、不満を抱く親族が

居るかもしれません。

親族間で十分に話し合い、合意を得ておくことが、

遺産を引継ぐ人にとっての思いやりだと考えます。

 

▲このページのトップに戻る