改葬の手続きはお任せください

 故郷にあるお墓を守っていくのは時間と労力が

必要です。若い間は何とか故郷に赴いて法事を

行ったり、墓参りもできますが、高齢になれば、

それも困難になってきます。

また、その責務は子孫へと代々受け継がれてきます。

このような状況下、 近年では遺言書を作成するのと

同時に、お墓も引越しされる方が増えています。

一般的には「改葬」と呼ばれています。

 しかし、行政の許可を得ることなく、勝手に遺骨を移動

することはできません。

市区町村に対し、改葬許可申請書を提出したり、移転先の

受入許可書(墓地使用許可書)を取得したり、開眼法要、

閉眼法要、墓地の原状回復、新しい墓石の購入、

墓地の使用契約締結等、非常に手間の掛かる手続きが

必要となります。

また、寺院墓地の場合、元の寺院から離檀料を請求される

場合もあります。

 

 これらの手続きは区市町村、寺院型墓地、霊園型墓地等に

よって、申請の仕方や費用が異なります。

弊所では、できる限りこれらの手間と費用を低減すべく、

親身に改葬をお手伝いさせていただきます。

 

▲このページのトップに戻る