遺言書の保管

【遺言書が有る無い? どこにあるだろうか?】

人が亡くなられて自筆の遺言書が見つからない

場合は、公証人役場で公正証書遺言書の有無を

確認されては如何でしょうか。

自筆の遺言書が見つかった場合は、開封せずに

 家庭裁判所で検認を申請する必要があります。

しかし、親族のどなたかが遺言書を発見して、

その内容が自分に不利と分かった場合、

遺言書を隠したり、破棄したり、改ざんをしてしまう

こともありえます。

弊所ではそのようなご心配が無いように、

遺言書をお預かりして厳重に保管いたします。

ですから、弊所に遺言書を預けてあると信頼できる方に

伝えておいていただければご遺族のご苦労も大き

軽減されると思います。

保管費用は¥500/月(税別)です。

(弊所を遺言執行人とする公正証書遺言の場合は、

保管料は無料となります。)

 

 お預かりできる遺言書は公正証書遺言書と

自筆遺言書ですが、公正証書遺言書は、全国どこの

公正役場でも有無を確認することができます。

 

 相続発生後の相続手続きの費用や相続人の

負担を考えますと、弊所では公正証書遺言を

強くお勧めしています。

 

詳しくはごお問合せください。


お問合せ

 


▲このページのトップに戻る