相続税法の改正

 

 

 

 

 

 

 

今後は死亡者数の増加にともない、2020年には個人資産の1400兆円のうち、

1/3を超える540兆円の資産が相続によって移動するとの試算も出ています。

日本の個人資産の60%以上は60歳以上の高齢者が

保有しているわけですから、当然の試算かもしれません。

2016年から施行された相続税制の改革により、ある推計によれば、

地価の高い東京では、4人に1人が相続税の対象となるとのことです

政府としては格差社会の是正を意図しているのでしょう。

  詳しくは、【相続税改正】のページをご覧ください。

 

▲このページのトップに戻る